トライアル日本代表選手たち。(右より)藤波貴久 、小川毅士 、柴田 暁 、小川友幸。

9月20日、スペイン・タラゴナで開催された「2015 FIM TRIAL DES NATIONS (トライアル・デ・ナシオン)」。今から31年前の1984年に始まったこのイベントは、国際モーターサイクリズム連盟(FIM)が年に1回開催する、サッカーでいえばワールドカップ、テニスで言えばデビスカップのように、様々なセクションを“技”によってクリアしていくトライアル競技をナショナルチームで争う国別対抗世界選手権。

1987年に初参加を果たした日本代表チームはこれまで17回参加。2000年、2007年、2008年に2位を獲得している。

今回、2004年のトライアル世界チャンピオンである藤波貴久をはじめ、小川友幸、小川毅士、柴田 暁で挑んだ日本チーム。成績は減点128とイギリスチームと並ぶ接戦を展開したが、クリーン(減点0のセクション)数で上回った日本が3位入賞を果たした。日本チームの参戦は2011年以来で、3位以内の表彰台獲得は2008年以来11度目となった。

尚、9年連続世界チャンピオンのトニー・ボウを擁するスペインチームは圧倒的成績で今年も1位(12年連続)と、最強の“トライアル王国”であることを証明している。

2015 FIM Trial des Nations結果
1位 スペイン 減点20 クリーン 125
2位 フランス 減点109 クリーン 75
3位 日本 減点128 クリーン 76
4位 イギリス 減点128 クリーン 74
5位 イタリア 減点132 クリーン 68
6位 ノルウェイ 減点224 クリーン 37