ツインリンクもてぎで開催される「2015 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦 MOTUL日本グランプリ」(10月11日決勝)。ワイルドカード参戦する中須賀克行は、ヤマハ創立60周年記念カラーが施された「YZR-M1」をライディングする。

イエロー&”スピードブロック”グラフィックのカラーは、ロードレース界の”キング”ことケニー・ロバーツが、世界GP最高峰クラス(500cc)で3連覇(1978~1980年)を達成した時のYZR500を筆頭に、1970年代から80年代にかけてヤマハが世界選手権など欧米トップカテゴリーに活躍の場を広げていった時代を駆け抜けたマシンに採用されていたもの。まさにヤマハのレース活動を象徴するもので、”USインターカラー”とも呼ばれる。

今シーズンはMotoAmericaの最終戦や、世界耐久選手権・ボルドール24時間に参戦する「YZF-R1」などにもこのカラーが採用されているが、MotoGPでは2005年の第8戦USGP(ラグナセカ)以来となる。

中須賀克行のコメント
「ヤマハブルーのM1もカッコいいですが、記念カラーのM1も負けていません。それにイエローは自身のラッキーカラーでもあり、自然と気合いが入ります。60年の歴史を背負うというと大げさかもしれませんが、日本グランプリでは、その歴史の一員として恥じない走りをしたい」

ヤマハ日本GPスペシャルサイト


イエロー&”スピードブロック”グラフィックが施された「YZR-M1」


日本グランプリをワイルドカード参戦する中須賀克行

ケニー・ロバーツが駆った「YZR750」(2015 グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて)。この時代のマシンのカラーがモチーフとなっている。