「Hondaレーシングメッシュブルゾン」
ダートトラック、ドラッグレースをイメージした新生ブルゾン。軽量で着用しやすいメッシュ素材、EVAメッシュプロテクターを肩、肘、背中に採用。ホワイトとブラックの2色展開。21,500円~。

ホンダモーターサイクルジャパンが発表した「Honda Riding Gear 2016年 春夏モデル」は”より安全に、さらに快適に”をコンセプトに開発。ユーザーのバイクライフをより豊かなものとする全76アイテムは、2016年3月より全国のホンダ二輪車正規取扱店にて順次発売される。

“日本発”の製品としてアジアを中心にグローバルで展開、シチュエーションに合わせ様々な製品がラインナップされ好評を博しているという「Honda Riding Gear」、2016年春夏モデルは「スポーツライン」「スタンダードライン」「カジュアルライン」を設定。ユーザーはよりわかりやすく製品を選べるようになっているのがポイントだ。

「スポーツライン」は本格的なツーリングから日常の使用まで、乗車時の操作性と着用時の快適性を兼ね備えたライディングギア。「スタンダードライン」はリーズナブルな価格帯、世代や男女を問わず様々なシーンに調和するデザイン、「カジュアルライン」には最新トレンドをいち早く取り入れ、バイクから離れても街の風景に溶け込めるデザインを特徴としている。

また、2016年春夏モデルにはサーキットでレース観戦を楽しむユーザーなどに向けた「コミュニケーションシリーズ」も新たにラインナップされている。

ホンダモーターサイクルジャパン
TEL 03-5993-8667

※価格は全て税抜き。 モデルは浦本修充選手(ハルクプロより全日本ロードレース選手権・JSB1000クラスに参戦中)、福田綾子さん。


「Hondaレディース・フーディジャケット」
女性ライダーのためのライディングジャケットとして新提案。カジュアルなデザインながらプロテクター類を標準装備。両袖と背中のベンチレーション・ファスナーで温度調整可能。18,800円。

「Honda×SHINICHIRO ARAKAWA RIDERS BLOUSON」
シンプルで飽きのこないデザイン、着用した際のシルエットがポイントのブルゾン。肩、肘、背中、胸にプロテクター標準装備。XSのレディース専用サイズも設定。23,000円~。

「Honda×SHINICHIRO ARAKAWA CHAMPION JACKET」
スポーツイメージが表現される、デザイナー発信ジャケット。表地の一部にメッシュを採用。肩、肘、背中、胸にプロテクター標準装備。ネットを使用し洗濯機で洗うことも可能。24,000円~。

「Honda×YOSHIDA ROBERTOジップシャツジャケット」
カジュアルに着こなすオールメッシュのシャツ系ジャケット。アクセントにベルクロ素材を使用。背中の「1948」は本田技研工業の設立年。ホワイト、ブラック、レッドの3色展開。24,000円~。

「Honda×YOSHIDA ROBERTOシングルライダースジャケット」
細身のスタイルを楽しめるデザイナー発信ジャケット。夏の走行に快適なオールメッシュ仕様。アクセントにベルクロ素材が使用され、ベルクロタイプのワッペンでアレンジも可能。24,000円~。

「コミュニケーションシリーズ」はサーキットでレース観戦を楽しむユーザーなどに向けた新たなライン。それぞれブラック、グレー、レッドの3色展開となる「Hondaコミュニケーショントラックトップ」(左・9,800円~)、「Hondaコミュニケーションパーカー」(7,900円~)他、キャップなども用意。

2016年春夏モデルにはTシャツも豊富にラインナップ。YOSHIDA ROBERTO、モンキーやカブのロゴをあしらったSHINICHIRO ARAKAWA 、alpinestarsとのコラボモデルの他、KIDSサイズなども用意されている。

フランスのグローブ専門メーカー「FIVE」とのコラボレーションにより、3シーズンショートグローブ2タイプを2016年春夏モデルにラインナップ。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。