アメリカのインディアナポリスで8月9日に開催された「2015FIMロードレース世界選手権シリーズ第10戦インディアナポリスグランプリ」 の決勝。今から56年前の1959年にロードレース世界選手権シリーズに参戦以来、ホンダはこれまで通算698勝を挙げてきた。

最軽量のMoto3クラスではNSF250RWを駆るリビオ・ロイの優勝によって通算699勝に。そして最高峰MotoGPクラスではRC213Vを駆るRepsol Honda Team のマルク・マルケスが今シーズン3度目の優勝。これにより、ホンダは前人未到の通算700勝を達成した。

本田技研工業 八郷隆弘 代表取締役社長のコメント
「Hondaがロードレース世界選手権で700勝を達成したことを誇りに思います。この記録は、数え切れないほどの方々の協力と、多くのHondaを応援していただいたファンの方々の支援によって達成できました。皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。これからもHondaは世界一の夢の達成を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いいたします」

ホンダの世界GPでの足跡

1959年: 当時のロードレース世界選手権の最高峰・マン島TTレースに初出場
1960年: ロードレース世界選手権シリーズ125cc、250ccクラスに参戦開始
1961年: 開幕戦スペインGPでロードレース世界選手権で初優勝(トム・フィリス)
1966年: ダッチTT・250ccクラスで通算100勝(マイク・ヘイルウッド)
1967年: 通算138勝の記録を残し、参戦休止
1979年: ロードレース世界選手権シリーズ500ccクラスに復帰
1982年: ベルギーGPで復帰後の初優勝(フレディ・スペンサー)
1988年: アメリカGP・250ccクラスで通算200勝(ジム・フィリス)
1992年: ダッチTT・500ccクラスで通算300勝(アレックス・クリビーレ)
1996年: ブラジルGP・125ccクラスで通算400勝(青木治親 )
2001年: 日本GP・500ccクラスで通算500勝達成(バレンティーノ・ロッシ)
2005年: オーストラリアGP・250ccクラスで通算600勝達成(ダニ・ペドロサ)
2015年: インディアナポリスGP・MotoGPクラスで通算700勝達成(マルク・マルケス)
※勝利数はFIM出典をベースとしたHonda調べ
2010年以降のMoto2はHondaエンジンのワンメイクのためカウントせず
2012年のMoto3はコンストラクター登録がFTR Honda(エンジンはNSF250R)のためHondaの勝利数にはカウントせず

ホンダ600勝目のダニ・ペドロサと700勝目のマルク・マルケス。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。