MotoGP参戦マシン 「GSX-RR 30周年記念カラー」

油冷エンジンを搭載し、耐久レーサーを彷彿とさせるスタイルで世界のバイク好きに衝撃を与えたスズキのスーパースポーツ・モデル「GSX-R750」が発売されたのは1985年のこと。以降、スーパーバイク・レースの規則変更(排気量上限750→1000cc)によってホモロゲーション(レース・ベース)車両としての役割は終えながらもGSX-R750は進化を果たしながら途切れることなく、今年で30周年を迎えた。

これを記念し、世界最高峰のロードレースを戦うスズキのMotoGPチーム「チームスズキ エクスター」は2台のファクトリーマシン「GSX-RR」に初代「GSX-R750」を模した青/白の「30周年記念カラー」をペイント。第9 戦ドイツGPと第10 戦インディアナポリスGPで出走を果たした。

また、現行型「GSX-R600/750/1000」(海外向けモデル)にも青/白および赤/黒の2種類のカラーグラフィックを採用した「30周年記念カラー」、タンク上に30周年デカールを施し、欧州・北米を中心とした海外向けに追加発売されることとなった。

尚、世界市場をターゲットとするGSX-Rシリーズ(600/750/1000)はレース活動で培われた最新技術をフィードバックした軽量・高出力な高性能スポーツバイクとして人気を博し、2012年には累計生産100万台を達成している。


初代「GSX-R750」(左)と
「GSX-R1000 30周年記念カラー」(右)

「GSX-R1000 30周年記念カラー」(赤/黒)

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。