昨年はマルク・マルケスがチャンピオンを決めたように、シーズン終盤にツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)で開催される「日本グランプリ」はタイトル争いに注目が集まる1戦だ。今年は2015 FIM MotoGP世界選手権シリーズの第15戦として、10月9日(金)から11日(日)に開催される。

今シーズンはスズキとアプリリアが加わった5つのファクトリー・チームが参戦するMotoGPクラスが話題に。1999年の初開催から今年で17回目となるツインリンクもてぎでのロードレース世界選手権、これまでのように様々なドラマが展開されるのは間違いないだろう。

昨年同様、オーバルコースのピットレーン上に「ビクトリースタンド」が設置されることで、ロードコースの最終コーナーから1コーナーまで”世界最高峰”のバトルを間近で観戦可能に。今年は10,000席まで拡大される。

またビクトリースタンド裏、オーバルコース上の「ホスピタリティガーデン」は観戦券があれば入場OK。ホンダ、ヤマハ、スズキのGPマシン特別企画展「RASHIN(裸身)」の開催他、見る・知る・買う・食べる・くつろぐ場となる。

お楽しみはレースだけではない。1983年シーズンの世界GP 500ccクラスで最終戦まで死闘を演じたケニー・ロバーツとフレディ・スペンサーがゲストとして来場!二人はトークショーをはじめ様々なイベントに出演予定だ。10月10日(土)には前夜祭として「MotoGP クラブナイト!」を開催。全世界で1300万枚以上のアルバムセールスを記録したバンド「メガデス」を経て、日本を拠点に活動中の世界的に有名なギタリスト、マーティ・フリードマンのライブが実施される。

1000台の参加を目標に行なわれる「グランプリロードR123パレード」は今年も実施。事前に申込をした15~22歳の若者世代や、新たに二輪免許を取得したライダー全員を招待する「ヤング割り0円」「若葉ライダー割り0円」キャンペーンも行なわれる。前売りチケットは現在発売中。

ツインリンク もてぎ
TEL 0285-64-0001

10,000席用意される「ビクトリースタンド」。

「ホスピタリティガーデン」は観戦券があれば入場できる(写真はイメージ)。

世界GP 500ccクラスにフル参戦を開始した1978年から3年連続タイトルを獲得したご存知”キング”ケニー・ロバーツ、そして10月10日の前夜祭にライブを行なうマーティ・フリードマン。

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。