「Superbikeシリーズ」や「MotoGPシリーズ」など、20タイトル以上のバイクゲームを手掛けてきたイタリア・ミラノを拠点とするマイルストーン社のノウハウが結集したバイクシミュレーター「RIDE(ライド)」が日本上陸。PlayStation、Xbox 向けソフトが6月25日より発売される。

100種類以上のレースを戦うことで得られる賞金(クレジット)を元に、更なる速さを得られるチューニングパーツやバイクを購入、世界ランク1位を目指すもので、バイクは中型以上の130を超える車種を収録。ヘルメットやスーツも様々なブランド、デザインが用意され、サスペンションはセッティングも可能に。プレイヤーの走りをプレビューできるので、ライディングフォームなども細かく好みに選択できるこだわりようだ。最大12人でのオンラインマルチプレイも可能で、世界中のライダー(ゲーマー)と争うこともできる。

「RIDE」のメディアブリーフィングには元世界GPライダーの中野真矢氏もゲストとして来場。ファミコン世代である彼はすでに「RIDE」を体験済みで、フロントサスが縮む感じ、加速時のリアグリップ感がとてもよくできており、バイクに乗っている人ならそのリアルさにビックリするだろう、とのこと。GPサーキットも収録されているので現役時代の記憶が蘇り、転倒したことがあるコーナーは慎重になってしまったとか。

日本の優れた作品を海外へ、また海外の優れた作品を日本へ導入するという”ゲーム作品の懸け橋”的存在である日本版・発売元であるインターグロー社の代表・竹内茂樹氏は、「RIDE」でバイクの”接地感”にこだわったとか。プレイをきっかけに、実際のバイクに乗るきっかけになることを望んでいるという。

RIDE

インターグロー

1987年のRC30から最新2015年モデルのYZF-R1まで、マシンは2014年モデルを中心とした世界の130を越える車種を収録。マシンのサウンドはすべて異なる。 また、GPサーキットやカントリーコース、市街地など、全15のコースを収録。日本では「スポーツランドSUGO」に加え「関東寺社巡り」というコースも。

「RIDE」を体験済みの中野真矢氏曰く、ハイサイドも再現されており、そのリアルさは夢に出てきたほどだとか!?

自身リターンライダーだというインターグロー社の代表・竹内氏は、「RIDE」をきっかけに、氏同様にリターンするライダーが増えることも望んでいるという。

Ridec2015 Published and Developed by Milestone s.r.l. All rights reserved. Licensed and published in Japan by Intergrow Inc. All manufacturers, accessory suppliers, names, tracks, sponsors, brands and associated imagery featured in this game are trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners.

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。