【くらべて選べるバイク動画】バイク王TV

今回は、250ccクラスのアドベンチャーモデル2台を乗り比べ!

モーターサイクルジャーナリストのケニー佐川(佐川健太郎)さんが、バイク王の在庫から選りすぐりの車両をインプレッション!
各車種の特徴比較やミニサーキットでの走行シーン、試乗インプレッションを収録。
今回は『250アドベンチャー対決』です。

試乗車両

①CRF250 ラリー (HONDA)

2017年発売。アシンメトリーのLEDヘッドライトが特徴的なホンダのアドベンチャーです。CRF250L譲りのスリムで軽量なボディをもち、フロント21、リア18インチのスポークホイールにブロックタイヤを履くなど、同クラスの中でもオフロード志向が強いモデルです。また、大型スクリーンやアクセサリーバー、キー付きの大型ツールボックスなど、ロングツーリングもこなせるオールマイティーなバイクです。

②V-Strom250 (SUZUKI)

2017年発売。V-Stromシリーズの末弟モデルで、シリーズのトレードマークである“クチバシ”は健在です。250ccクラスながら、ビッグアドベンチャーのような迫力あるデザインで、低回転から粘りのあるGSR系のパラツインエンジンを搭載しています。前後17インチのキャストホイール&チューブレスタイヤほか、オンロード志向の装備が多数採用されています。また、容量17Lの大型フューエルタンクを装備し、低燃費なエンジンと相まって500km以上の航続距離を誇ります。(WMTCモード値 31.6km/L)

■紹介車両の在庫情報はこちら■
■乗り換えを検討中の方はこちら■

TEXT by BLL研究員おはぎ

撮影協力:トミンモーターランド
http://www.tomin-motorland.com/

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。