ども!
Bike Life Lab(バイクライフラボ)研究員のおはぎです。
本日は、バイク王のイベント用試乗車でも使われている『カワサキ 500SS MACHⅢ』の走行動画を紹介します(^^)

カワサキ 500SS MACHⅢは、発売当時世界最速の市販車といわれるほどの性能を誇った名車。
「カミナリマッパ」「じゃじゃ馬」なんて呼ばれ方もあり、その速さを物語っていますね。
そのエンジン性能と車体やブレーキ装置のアンバランスさゆえに、”曲がらない””止まらない”などと言われることも…

動画に映っているのはMACHⅢとしては最終型となるH1F型です。
エンジンやマフラー・チャンバーなどノーマルのままなので、2スト3気筒独特のサウンドを聴くことができます!
MACHⅢの最高速度は200km/h以上と言われていますが、動画は公道なので60km/hほどの速度で走っています(汗)

ぜひご覧ください!

スペック

モデル名 500SS MACHⅢ
年式 1974年
エンジン型式 空冷2スト ピストンバルブ並列3気筒
排気量 498cc
最高出力 59ps/8000rpm
最大トルク 5.7kg-m/7000rpm


■乗り換えを検討中の方はこちら■