世の中色んなバイク競技がありますが、中には無茶苦茶すぎる物も…。

断崖絶壁とも言える壁をバイクで駆け上る「ヒルクライム」ってのがあるんです。

挑めば大破!高難易度な無理ゲーステージに挑む勇者達をご覧ください!

ヒルクライムって?

ヒルクライムとは、反り立つ長くて急な坂道を下から助走をつけて登りきれるか、という競技。
登り切るか、落ちるか、というだけなので至ってシンプルな競技です。

しかしシンプルなルールに反して見た目は豪快そのもの。

半端じゃない悪路な坂道を登るので、当然登りきれるライダーは少なく、大半が中盤辺りからゴロゴロと落ちてきます

ライダーは登り切る気まんまんで挑戦、ほぼ度胸試しみたいな要素も?
観客は登り切った時も歓声をあげますが、それより豪快に落ちていくほうが盛り上がってるような…

海外って「破壊ショー」みたいなのがあるほど日本とはウケのツボが違います。

oh~!!」とかいいながら大破するバイクを見ながら盛り上がるというドS競技です笑。

とにかくバイクが宙を舞う

この競技、一回の大会で走破できるライダーのほうが圧倒的に少ないんです。

大半が崖から転げ落ちていきます。

なんでそんな無茶を…!!
でもめちゃくちゃ盛り上がってる…!!

宙を舞うバイクと弾けるような歓声、土埃と一緒にバイクのパーツも舞ってます!!笑

コースによって路面は様々で、ぬかるんだ土からパッサパサな砂ゴツゴツした岩肌なども。

スロットル全開で駆け上がるライダーを見てると数秒後大体落ちてくるから段々笑えてくる…?
ちょっとだけこの競技の魅力がわかった気がします笑。

崖なんかに負けない!カスタムだ!

挑戦する側もただでは落とされまい!、とヒルクライム独特のカスタムを施します。

とにかくスイングアームを長くしてバク転しにくくするカスタム。

中にはこんなスパルタンなトゲトゲタイヤを履かせちゃうカスタムも!

確かに食いつくかもしれませんが、これはちょっと危ない……?

それでも結果落ちていく悲しさ…。

基本はオフロード車をカスタムするパターンが大半ですが、大会によってはオンロードの大排気量車をカスタムしてパワーで解決しちゃおう!というジャンルもあります。

登る理由?かっこいいから!

ライダーはなぜこんな無茶な挑戦をするのか、様々ですが登り切ったライダーはもはや英雄扱い
男の中の男、みたいな勲章のためにただ挑戦し続けます。

それってよくわからない人から見たら「バカ」かもしれないけど、正直わからなくはない自分がいます笑。

無理だと諦めてしまうような坂を前にしたとしても、マシンを壊すかもしれないというリスクを投げ打ってでも挑む姿に観客が沸き起こる!

男たちの無茶な挑戦とそれを見て盛り上がる観客、という需要と供給のバランスが絶妙に成り立った競技でした!笑

動画はこちら

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。