バイクに乗るときの靴って結構悩みどころじゃないですか?

スニーカーだと長持ちしない+コケた時心配。

バイク用ブーツってどれくらい凄いのか、使ってみることにしました!

伝統あるライディングブーツ

GAERNE FUGA

実は僕自身バイク用のブーツには憧れがあったんですが、量販店によくあるような普通のバイク用ブーツはデザインが好きじゃなかった…。

どうせ履くなら10年くらい履けるような強くて渋いブーツが欲しかったんです!
そこで選んだのが今回のブーツ。

ガエルネ」はオフロードブーツメーカーの定番とも言えるメーカーで、そのラインナップの中で、形さえほぼ変えずにずっと作り続けているのがこのフーガというモデルなんです。

それなので、最新という感じではなく、とにかく渋いブーツ

もちろん本革製で、フルグレインレザーというグレードの高い高級素材を使っています。

確かに安物のブーツとは高級感が違う…!

バイク用に作られているのでシフトガードはもちろん、全体も硬い皮でガッチリプロテクションされています。

これなら余裕で10年履けそうで強そう…。
早速、履く前のメンテナンスをしていきます!

塗るだけで高級感倍増?!

このブーツと一番相性がよいのは、同じガエルネの「ウォータープルーフポリッシュ」。

実はこのブーツ、完全な防水ではないんですが、これを塗ると防水に防水+革に油分を与えてメンテナンスをしてくれるんです。

実際に塗ってみると、新品というせいもあってか、みるみるうちに革がポリッシュを吸い込んでいきます。

この作業って革靴ならではですが、結構楽しい…!

塗った箇所に色の深みが出てきて、同じ黒でも「高そうな黒」になりました。

黒光り、というか更に強そうな高級感が出てきます。

塗っていないのと比べると、こんな感じ。
上が塗った方、下が塗っていない方です。

黒光り度が全然違いませんか?!

更にわかりやすく半分だけ塗ってみました。

最初からあまり大量に塗らずに、徐々に染み込ませながら塗っていくこの感覚は、メンテナンスと言うより「育てる」みたいな感覚が近いと思います。

本来なら紐も全部外して塗るべきなんですが、早く履きたい気持ちを押さえきれず、とりあえず外さずに塗ってしまいました…笑。

とりあえずは準備完了!
履いたらこれを塗り、を続けていくと長持ちするし、更に味わいが深まっていきます。

指で塗るのも正解

まだ新品で傷一つ無かったので付属のスポンジで塗ってしまいましたが、指で馴染ませながら塗るのも正解。

特に部分的な傷に塗りこむときはこの方法がいいようです。

マジで防水になった


これは僕のブーツではありませんが、長くこのメンテナンスをし続けたフーガを濡らすとこんな感じ。

余裕で水を弾いてます…!
ここまでなら、もはや余裕で防水と言えるレベルになっているんじゃないでしょうか?!

履き心地もいい感じ

ポリッシュを塗る前に履いた感触は結構固めの印象でしたが、塗った後は柔らかくなって履きやすくなりました

そして「最強の脚」を手に入れた感が凄い…!笑
多少重さはありますが、それさえもプラスの感覚に変えてしまうほどとにかく渋い!かっこいい!

バイクで走ってみると、さすがバイク専用設計とだけあって、乗りやすい!
こういう厚皮のブーツっていつも乗っているバイクでもシフトの感覚が狂ってしまうものですが、不思議といつも通りライディングできました。

強いて言うなら、靴底が厚くて、リアブレーキをちょっと踏み込み過ぎてしまうくらい。

まぁココらへんは慣れでしょうが、新品にしては十二分に履きやすいし、かなり好感触なブーツでした!

意外と曲げやすい

しゃがんだ時などは多分曲げにくいんだろうなと思っていましたが、新品の状態でも、ポリッシュの効果もあってか余裕で曲がってくれます

今はこれで街中を歩いたりもしていますが、曲がりやすさはどんどん増しています。
もっと使い込めば馴染み具合が増すと思うので、自分専用のブーツに仕上がっていくでしょう!

まとめ

実はこのブーツ、値段も結構魅力的。
ブラックは2万7千円でした。
同じクラスのブーツを他社で買おうとすると5万円はくだらないでしょう。

このブーツのレポートは定期的に連載していく予定!
今は大量生産大量消費の時代ですが、一個のものを大事に使い続けて自分仕様にしていく楽しみを、リアルタイムでお伝えします。

GAERNE FUGA