【前回記事:XSR900】はこちら!

「YAMAHA MOTOR EUROPE(ヤマハモーター・ヨーロッパ)」が展開しているクールなカスタム支援プロジェクト「YAMAHA YARD BUILT」

前回はイケてるXSR達を紹介しましたが、今回はイケてるBOLTの紹介です。

純正状態はこちら

BOLT ABS

2013年デビューのホバースタイルを意識したヤマハの人気クルーザーモデル。

カスタムのしがいがありそうですが果たして…

BOLTはここまでイジれる!

サーフスタイル×サイドカー ‘D-Side’

2006年オーストラリア発、サーフィンとバイクのある生活を表現しているブランド。
原宿にも出店している有名ビルダーDeus Ex Machinaの作品。

大胆にサイドカー仕様となっています。

隣に乗って、こんな景色を見てみたい…乗っているだけでアトラクション気分が味わえるかも。

もちろん人を乗せていないときは、積載スペースにもなる便利なシロモノ。

もう一つ、この車両の目玉は、車体の間にサーフボードを格納できること。

サーフィンとバイクのある生活というブランドイメージを、作品を通して感じます。

サイドカーだけじゃなく、バイク本体も手を抜きません。

タンクは、ブランドロゴとラインのみというシンプルなデザインに変更され、メーターも小型のものに変更。
Deusならではのサーフスタイルにまとまっています!

FZ750の再来 ‘Pure Sports’

こちらは80年代バイクスタイルに特化したイタリアの雑誌Low Rideの作品。

さて、このバイクどこかで見たような気がしませんか?

そうです、ヤマハの名車FZ750です。

カラーリングなどをうまく再現し、カウルのマーキングなどはBOLTのものに上手く当てはめられています!

カウリングなどは当時の雰囲気を再現しているのですが、メーター類の電装系については純正

純正は現代的なデジタルタイプのものが使われていますが、80’sな外観とのギャップと合わさって現代の旧車感さえあります!

テールライトも純正LED。

テールカウルを作って中に収めてるんですが、この雰囲気が思いっきり80sですよね!

名車FZ750が、この現代にBOLTのカスタムモデルとして復活したかのようです。

こうして受け継がれていくのは、ファンとしては嬉しいですよね!

まとめ

世界各地のビルダーたちが作る普段見られないような作品が見られるこのプロジェクト。

2回にわたってイケてるカスタムバイクを紹介してきました。
メーカーがいろんなビルダーとコラボして「自社のバイクがこんなに変わるよ!」というアピールをしているのは、僕らライダーにとってもかなり興味深いですよね!

しかもちゃんとカスタムのルールまで作って、その上で綺麗にカスタムするのはプロしかできない技。
これからもネオクラシックの流れは続きそうです!
YAMAHA YARD BUILT