バイク漫画「モーターサイクルメモリーズ」の2が発売!

ライダーの共感はもちろん、ライダーじゃない方が読んでも面白い作品になっているんです。

モーターサイクルメモリーズって?

モーターサイクルメモリーズとは、元々ミスターバイクという雑誌で連載していた漫画。

熱烈なファンが多く、当時連載していたものをまとめて単行本化したのがコレなんです。

今回はその第2段が発売されたんです!
所々マニアックなネタを含みつつ、しっかりとバイクの魅力も教えてくれ、読みやすいのが特徴です。

バイクの良さを教えてくれる

モーターサイクルメモリーズを読むと、ライダーはもれなくバイクに乗りたくなります。
これはそういう漫画です。

短編が何個か収録されているんですが、どのストーリーもライトにバイクライフの良さを教えてくれるんです。

読んでいて特に飲み込まれたのは、近未来のロボットの話。

ロボットが自我を持ち、人間と対立している、まるでターミネーターみたいな世界観なのですが、世界の悲しさを表現しながらも、主人公がバイクに乗りながら考え事をするんです。
一人でバイクに乗っていると、こういうことってたまにありますよね。

ストーリー後半では誰もが知っている”あのロボ”みたいなキャラが登場したり、読み手をグイグイとその世界に引き込んでいきます。

マニアックネタも健在!

作者「せきはん先生」の作品では毎度恒例ですが、マニアックネタは今回も健在。

ドリーム CB450が登場したり、ガレージのシーンでは「コレってあのタンクじゃ…」と読者を妄想させる一幕も。

「この作者は相当バイク好きなんだな」、ということが描写やストーリーから伝わってくるのも、この作品の魅力です。

バイク好きが作っているからこそ、バイクのよさが伝わって来るんです。

ぶっ飛んだ展開も面白い

中にはぶっ飛んだ展開も。

はやぶさに乗る彼は訳あって全裸です。
全裸でメーター振り切るまで全開で走ります。

もはや狂気の沙汰。

こんなにぶっ飛んでいるのに、読み手がその世界を把握できるのもスゴイ。

登場するキャラのセリフも、いちいちカッコイイので注目です。

今回はファンキーなキャラも

ちょっと珍しいのが、ものすごくファンキーなキャラが登場する一幕。

今まで、ここまでのファンキーキャラは見たことがありませんでした。
絵のタッチも違うし、セリフも手書き。

アメコミっぽい感じなんですが、あとがきを見てみると小学6年生と一緒に作った、という一文が。
こういうどんでん返しが最後にあるから、面白く読めちゃうんですね!

まとめ

「モーターサイクルメモリーズ2」はすでに発売中なので、ネット、書店でも購入することができます。
とらのあな、COMICZIN、書泉・芳林堂書店で買うとイラストカードの特典もついてきます!

ライダーも、バイクに興味があるだけの方も、気軽に読める作品なので、是非注目してみてください!
モーターサイクル メモリーズ 2

書名:モーターサイクルメモリーズ2
著者:せきはん(大森しんや)
発売日:2018年3月12日
発行:アース・スターエンターテイメント
価格:700円+税

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。