今年の冬は記録的な寒さ!!
僕はバイクで通勤しているので毎日乗っていますが、最近はさすがに躊躇するレベル…。(結局乗った)

しかし1,000円以下で買える運転中に暖をとれるシステムがあるらしく、買って検証してみました!

超絶安い

amazonで960円で売っていた即席のグリップヒーター。
バイク店でグリップヒーターを買えば、おおよそ4,000円くらいはします。

安すぎて、かえって怖いです。(そして、多分、パッケージの表裏が逆)

電源はバイクから引くのではなく、USB電源!

面倒な配線もないし、モバイルバッテリーでも使えるので、これはありがたい!

説明書は全部中国語?なので全くわかりませんが、とにかく「アツい」ってことは間違い無さそう。

商品は、値段の割にはかなりしっかりしてる!

グリップに上から巻きつけて、マジックテープで止めるタイプ。

左右それぞれのヒートシートからコードが伸びていて、これをバッテリーに挿すわけですね!

温度調整機能はなし。

説明書には55-65度と書いてありました。

ただ、コードの付け根が心配…。

無理して引っ張ったりしたら、簡単にもげてしまそう…。

早速巻いてみます!

到着がすごく遅い

これは場合によりけりかもしれませんが、注文して到着するまでに2週間以上かかりました…。

中国から船で運ばれてくるので、まぁ仕方がない。
送料無料なので、ここは許すとしましょう。

グリップ太ぉおお!!

巻くとこんな感じ。

めちゃくちゃグリップが太くなります。
クラッチが手前で繋がるように調整しているバイクでは、奥まで握り込めなくなるので不安になるかも。

元々太めのグリップが付いている僕のバイクでは、マジックテープの余白がほぼなくなりました。

ただ、巻きがギチギチなお陰で、スロットルを開けるときグリップヒーターだけが回るってことはありませんでした。

正直、微妙…

いざ走ってみると、まぁ暖かいけど普通のグリップヒーターほどではありません。

普通のグリップヒーターって、出力MAXにすると素手で触れないくらい暑くなりますが、これは全く余裕。
日が落ちて寒くなってからは、言われてみないとわからないレベルの温さ。

でも、まぁこの値段なら仕方ないか…。

ないよりはいい、という値段相応のクオリティでした。

バッテリー消費が尋常じゃない

今回使ったのはAnkerの「PowerCore Fusion 5000」。
スマホ3回くらいフル充電できるバッテリーなのに、1回通勤で使用したら、その全てを使い果たしてしまいました。

説明書には7.5Wとありますが、明らかにそれ以上消費している感じ…。
個体差があるのかもしれませんが、僕のはとんでもない電気泥棒でした。

レビュー見て納得

amazonのレビューを見てみると、やはり個体差が激しいようで、「めっちゃアツい!」「そうでもない」など真逆の意見が多数。

僕のように電池消費がハンパないというのは見つけられませんでしたが、個体によってはすごく熱くなるし、また別の個体によっては僕と同じようにあまり使えないこともあるようです。

まとめ

結論。使えなくはありません。
とにかく安いし、遊び半分で買ってみてもいいかもしれません。
絶対使える!と思って買うものではありません。

でもまぁ、手だけでもこのいてつく寒さが少し和らいだのは事実。

最近は、この他にも激安のバイクアイテムを簡単に手に入れられるようになってきているので、また別のアイテムも検証してみようと思います!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。