【vol.1はこちら!】

バイクを知らない20代女子が考える「理想のライダー像」を探って、皆でイケてるライダーになろう!というこの企画。

第一回目では理想のバイクタイプ理想のファッションをお伝えしました。

今回はもっと具体的な部分をフューチャーしていきたいと思います。

理想の仕草は?

手を差し伸べて手助けしてくれる

理想の仕草、というとアバウトですが、これは後ろに乗る時にされたらキュンとする仕草。

タンデムする時、ってことですね。
理由としては、

「乗ろうとする時に優しく手を出してくれたらなんか安心する」
「乗り方とかわからないから補助しながら教えて欲しい」
「支えてて欲しい」

など、基本的にいつでも優しくされたい、ということですね。

確かにバイクの後ろに初めて乗る女子に「はい行きますよ〜乗ってください〜」的なテンションで行くと相当焦らせてしまうはず…。

相手の立場になりながらできるだけ不安要素を取り除けるように手引きしましょう!

理想のセリフは?

「遠くまで…行こっか」

まるでキラキラとさわやかな効果音が聞こえそうなこのセリフ…。

これはタンデムしながら走り出す前に言われたい!というシチュエーションです。
理由は、
「これからどこ行くんだろう?って時にこれ言われたらワクワクする」
「仕事終わりとかに迎えに来てくれて言われたら自分の知らないとこまで行ける気がして楽しみ」
「疲れてる時とかに言われてもすべてを察してくれてるような感じがしていい」

など、バイク独特のどこまでも走っていけそうな感じがうまく表現されたセリフでした。

まぁ実際こんなキザっぽいセリフ言えないよ…という方もいると思います(僕は言えません)

そういう方は相手を気づかえるワードや安心させるようなワードでもキュンとするそうです。

次回、理想のライダー像が完成!

バイクタイプ、ファッション、仕草、セリフまで解き明かしたところでようやくふんわりと理想のライダー像が見えてきましたね。

バイクを全く知らない女子に聞いたからこそ、出てきたワードだと思います。

次回は走りだした後のシチュエーションを聞き出していよいよ、理想のライダー像を具体化したいと思います!

【【モテバイク】最近の女子が考える「理想のライダー」ってなに?実際に解き明かしてみた!vol.3】はこちら!

◆公式SNSにて更新情報をお届け!

■筆者プロフィール

Bike Life Lab supported by バイク王
~バイクがあれば もっと楽しい~
すべてのライダーに贈るバイクコンテンツサイト「Bike Life Lab」では、お役立ちコラムからおすすめバイクロード、Bike Life Lab研究員によるお楽しみコンテンツまで幅広く掲載中。