カワイくて、行動範囲が広がるスクーターにメロメロ!?

国内最大級のバイクの祭典「東京モーターサイクルショー」が3月22日、東京ビッグサイトで開幕。バイク王のイメージキャラクターである“うるのたかし”こと、つるの剛士さんに、ランブレッタV200スペシャルが贈呈されました。今回は、その模様をレポートします。

感激ののるのさん、数々のサプライズも

今まで中古車を扱ってきたバイク王が、3月からイタリアンスクーター「ランブレッタ」の正規ディーラーとして初めて新車販売をスタート。今回の贈呈は、これを記念して行われました。
贈呈式は、ランブレッタの正規輸入元である「サイン・ハウス」ブースで実施。バイク雑誌などで活躍中の多聞恵美さんを司会に、バイク王&カンパニーの大谷常務が登壇しました。
「つるのさんには、バイク好きだけにこだわらず、バイクに接点がない人にも広く興味を持ってもらえる新鮮な切り口や面白さがあります。ランブレッタに関してもつるのさん流の楽しみ方をSNSを通じて発信してくれるはずです」

そして、いよいよつるの剛士さんが登場。報道陣の多さに驚きながらもにこやかに、
「プライベートで何度かモーターサイクルショーにはおじゃましているので、こんな壇上に立っているのが不思議です」と第一声。

大谷常務からランブレッタのキーを手渡され、
「(ランブレッタを)本当にいただけるんですか、マジかー! ありがとうございます。キーもメチャかっこいい」と喜びを爆発させていました。
「ランブレッタはお洒落だし、可愛らしい。以前CD50をヨーロピアン風にカスタムをしたことはありましたけど、こうしたスクーターに乗るのは初めてなので楽しみ。SNSでバンバン発信します」
さらに、タンデムベルトと子供用ヘルメットを贈呈。そしてサイン・ハウス社の野口社長から同社製品のインカム「B+com」をペアでプレゼントするサプライズもあり、感激の様子でした。

バイク王&カンパニーの大谷常務から、つるのさんにV200スペシャルのキーを贈呈。ちなみに車体カラーはオレンジです。

サイン・ハウス社の野口社長からは、同社の人気インカム「B+com」が贈られました。「ちょうど持っていたインカムが壊れたので、待っていたかのようなタイミングです。会話しながらのツーリングは楽しみになります」とつるのさん。

普段使いに、ツーリングに大活躍する予定

多聞さんからランブレッタオーナーになった印象を改めて尋ねられた、つるのさん。
「復活したランブレッタは、温故知新な感じ。昔の味を残しながら、新しい風を吹かせてくれていますね。気軽な普段乗りはもちろん、200ccなのでタンデムや高速もラクそうですね」

一方で心配事もある様子。
「バイクが今6台あるんで、ガレージが手狭でね。奥さんが『乗っていないなら手放しなさい!」と迫ってくるんですよ。その際はバイク王さんに頼もうと思っているんですけど(笑)。そこだけクリアして、ランブレッタと新しい思い出をつくっていきたいです」
ちなみに、奥様にはまだランブレッタのことを話していなかったとのこと。

ランブレッタで行ってみたい場所に関しては――。
「街乗りや趣味の釣りに使ったりと、バイクを普段使いしているので、あまりスタイルは変わらないと思います。バイクって大がかりな男の趣味のイメージがありますけど、家庭の中にバイクが1台あるだけで、生活が豊かになるということを発信していきたいですね。ランブレッタは、すごくスタイリッシュで排気量も色々あるし、ママも手軽に乗れるはずです。
僕の場合、普段はスーパーカブ110が多いので、200ccのランブレッタはさらに移動が快適になると思います。もちろん高速道路も乗れることですし、ガッチリとウェアを決め込んで遠くまで行ったり、子供とタンデムでツーリングもしてみたい。子供を後ろに乗せてツーリングすると距離感が縮まるのは、バイクの大きな魅力です。
それに長男がもうすぐ免許を取れる年齢になるので、ランブレッタで一緒にツーリングするのが夢です。日本各地の色んな釣り場を巡りたいですね」

会場を見学されたのか尋ねられ、
「見てきました。ツーリング日和なこともあって、凄い人ですね。みなさん、安全運転で楽しいバイクライフを送っていきましょう。僕もランブレッタを大切に乗らせていただきます」と贈呈式を締め括りました。

司会の多聞恵美さんとトーク。「増車」の件は、奥様を上手く説得できたのでしょうか(笑)。

遊びを仕事にクリエイトする、ライフスタイルを提案したい

続いてプレス向けのフォトセッションとカコミ取材が行われました。その中では、
「皆さんに(ランブレッタを通じて)遊びゴコロを提案したい。遊びをどうやって仕事にクリエイトしていけるか。僕も遊びに教えてもらっている所があるんです。働いているパパさんにも遊んでもらって、そこからのヒントで仕事を頑張っていくみたいな、いいライフスタイルが提案できたらと思います。
今日、会場に訪れて、ライダーさんたちの熱いバイク愛を改めて感じました。今後はコアなライダーだけではなく、昔乗っていたけど最近乗っていない人に、僕が呼びかけていけたらいいなと思っています」と熱く語りました。

当コラムでは“のるのたのし”を名乗る、つるのさん。ランブレッタでどんな遊び方をしていくのか、楽しみです。
つるのさんは会見の後、東京モーターサイクルショーの会場を見学。次回は、その密着レポートをお届けします!

サイン・ハウス社のブースで囲み取材を受ける、つるのさん。物凄いメディアの数です。

※まとめ:沼尾宏明

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!

つるの剛士さんプロフィール

本名 靏野 剛士(つるの たけし)
生年月日 1975年5月26日(43歳)
出身地 福岡県北九州市
現住所 神奈川県藤沢市(ふじさわ観光親善大使)
血液型 B型
趣味 将棋(3段)・釣り・波乗り・キャンプ・バイク
バンド 「太陽の衝動」「gameboyDJ 8○boyzz」
「tsuruno takeshi & Sea candles」

■Instagramはこちら!