バイクは常に一緒にいる自然な存在

“うるのたかし”店長のCMでおなじみのとおり、バイク王のイメージキャラクターに就任した、つるの剛士さん。これを機に、Bike Life Labの主任研究員にも任命させてもらいました。そこでスタートした当コラム「のるのたのし(つるの剛士)のファンライド「FEEL風」」では、つるのさんの研究成果や日々のバイクライフについて発信。まず第1回は、つるのさんの素顔に迫ります。

カブのほか、WR250Rでキャンプに行くことも。荷物はいつも多めです。

“うるのたかし”は新しいキャラとして育てたい

――バイク王のイメージキャラクターに就任して、今どんな気持ちですか?

テレビに何度も自分が出てくるのでビックリしています(笑)。“うるのたかし”に関しては、つるの剛士という名前ありきの設定なので、とてもありがたいです。新しい自分のキャラクターとして大事に育てていきたいなと思っています。
そう言えば、「ダジャレかぁ~」というセリフは台本になかったもので、監督さんが急遽アドリブで出したんですよ。

――えっそうなんですか?

お客様役の役者さんが泣くシーンがありまして。熱演されていたのですが、カットになって、アドリブが生かされたんです。僕としてはなかなか複雑な気分でした(笑)。

奥様にプロポーズしたバイクに娘さんが

――今どんなバイクに乗っていますか?


つるのさんの現在の愛車。左からモンキー、スーパーカブ90、スーパーカブ110、ドゥカティ400SS Jr、WR250R。

スーパーカブ110(2011年型)、スーパーカブ90(1976年型)、モンキー(2009年型リミテッド)、WR250R、ドゥカティ400SS Jrの計5台です。カブは4台あったのですが、奥さんに「ジャマ!」と怒られまして。泣く泣く2台になりました。
中でも長く乗っているのが400SS。もう20年になりますね。奥さんを乗せてプロポーズした思い出のバイクなので、ずっと大切に乗り続けています。
実は最近、奥さんに続く二人目の異性として娘を乗せたんです。思い出のバイクに娘を乗せることが長年の夢だったので、親父として感慨深かったですね。ただ近頃は、奥さんが「400SSも手放せ」と言ってくるんですよ(笑)。

――なるほど(笑)。普段はどんな使い方を?

バイクは完全に生活の一部になっています。畑へ作業しに行くのもバイクですし、趣味の釣りに行くのもバイク。釣りのスポットにバイクを停めておくと「今日つるのがいるな」ってわかってしまうほど常連なんです。クルマも所有していますが、バイクの方が小回りが利くし、駐車のジャマにもならないので、クルマはほぼ運転しません。クルマの運転は奥さんの方が上手ですしね(笑)。本当にバイクはなくてはならない存在です。もちろんツーリングやキャンプにも使っています。


自宅から30分ほどの農園にカブで通っています。
バイクと風景が似合いすぎですね。

釣り好きとして有名なつるのさん。近所のお気に入りスポットへの足はもっぱらカブです。
今日は、釣るの剛士?

目的地を決めないのがつるの流ツーリング

――どんな所へツーリングに行くんですか?

目的地や目標を決めずにフラ~ッと出発します。「どっちの方面に行こうかな」ぐらいは考えますけど、気ままに行ける所まで行ってみようかみたいな感じです。お腹が空いたら近くのラーメン屋を探したり、偶然の出会いを楽しんでいます。
キャンプに関しては、カブのリヤにボックスを装着しています。テントや荷物がピッタリ収まる理想の配置があるので、色々持参してますね。

――今後、行ってみたい場所は?

カブであちこち行くのが夢だったけど、なかなか時間が取れずにいます。“バイクで北海道”も憧れですね。ただ最近は、息子と一緒にツーリングに行くのが夢です。間もなく息子が免許の取れる年齢になるので、一緒にキャンプや釣りに出かけてみたい。バイクはたくさんありますからね。

バイクはモビルスーツ!?

――突然ですが、つるのさんにとってバイクってどんな存在ですか?


「赤い彗星」の気分になれる!?
左右2本出しマフラーのこの年式はレアです。

モビルスーツですね。複数台持っているからこそですが、「今日はジムだな」って時もあれば「今日はシャアザクかな」みたいに、バイクのスタイルでその日の気分がガラッと変わるんです。例えばカブなら自転車みたいに気軽。ドゥカティは400と言えど気が引き締まるし、信号待ちでみんなが振り向くので、よそ行きの気分になれる。WR250Rは、どこでも行けるぜっていう開放感。水陸両用モビルスーツみたいな(笑)。
クルマもそうかもしれないけど、バイクほど大きく変化しないし、何台も所有するわけにはいきませんからね。バイクの持つ魅力ってスゴいなと思います。

「全国のパパを引きずり出したい」

――つるのさんは多趣味で有名ですが、やっぱりバイクは特別な趣味ですか?

僕の場合、特別じゃないのが特別なのかも。大手を振って「僕バイクが好きなんです」と言っているわけじゃない。ただ、ずっと若い頃から、気がつけば一緒にいる自然な存在なんです。
なので今回、バイク王さんのイメージキャラクターに就任したご縁もあるので、趣味のないパパや昔乗っていたけど乗らなくなった方に、「バイクにまたがってみようかな」と思ってもらえるようなお手伝いをしたいと考えています。
バイクってマニアックな人はとことんマニアックですけど、僕みたいにライトなバイクとの付き合い方や楽しみ方もあるんだと提案できたらいいなと思っています。日頃忙しい中に、趣味が一つでもできることで、すごく明るくなれるし、やっぱり生活が豊かになりますよね。全国のパパをライダーとして引きずり出したいです。

愛用のヘルメットを持参して、なごやかに語ってくれたつるのさん。

<話はまだまだ尽きないので、第2回に続く!>

※まとめ:沼尾宏明

◆公式SNSにて更新情報をお届けします!

つるの剛士さんプロフィール

本名 靏野 剛士(つるの たけし)
生年月日 1975年5月26日(43歳)
出身地 福岡県北九州市
現住所 神奈川県藤沢市(ふじさわ観光親善大使)
血液型 B型
趣味 将棋(3段)・釣り・波乗り・キャンプ・バイク
バンド 「太陽の衝動」「gameboyDJ 8○boyzz」
「tsuruno takeshi & Sea candles」

■Instagramはこちら!