バイクギャラリー

GSX750Eの概要

GSX750E

(1980年)

タイプ

ネイキッド

エンジン型式

空冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ

車両重量(kg)

229kg

排気量

747cc

サイズ(全長x幅x高さ)

2250×875×1185mm

最大トルク(Nm/rpm)

6.2kg-m/7000rpm

最高出力

69ps/8500rpm

GSX750Eの特徴

1980年1月にGS750の後継モデルとしてデビューしたGSX750Eは並列4気筒DOHC4バルブへと進化し1100ccと共に開発された。

GSXシリーズとして並列2気筒DOHC4バルブのエンジンを搭載するGSX250E、400Eも発売され、混合気が2つの渦となって燃焼速度が早くなりパワーが出るという独自のTSCC(Twin Swirl Combustion Chamber=ツイン・スワール・コンバスション・チャンバー=2渦流燃焼室)、フロントにはGPレーサー・RGB500に採用されていたブレーキ油圧を利用し、フォークオイルの流通量を変化させる世界初のANDF(アンチ・ノーズ・ダイブ・フォーク)を装備していた。

750ccクラスはホンダCB750K(1978年)、CB750F(1979年)、そしてGSX750Eの登場により並列4気筒DOHC4バルブが主流となるハイメカ時代に突入することになる。ホンダCB750Fより最高出力が1psアップの69ps/8500rpmを発揮し、GS750より大柄な車体で車重は6kg増であったが、スズキのフラッグシップモデルとして、その地位を築いた。1982年には2型となり燃料タンク、メーター、ヘッドライトまわり等のデザイン変更、1983年にはフルモデルチェンジし最高出力は72psへアップされ、角断面パイプのフレーム、リアにフルフローターサス、16インチのフロントタイヤ、ハーフカウル等を採用したE4型となった。GSX750Eに搭載されたエンジンは、のちに大センセーショナルを巻き起こしたハンス・ムートデザインのGSX1100S、750S カタナで、さらに花開くことになる。

また近年の絶版車ブームによりフルモデルチェンジ前のGSX750EはライバルのホンダCB750Fが馬に例えられたのに対し、大柄な車体からベコ(牛)のニックネームが与えられ、カラーリングにより赤ベコ、黒ベコとも呼ばれている。

スズキのバイク一覧